音声配信

ストーカーにならない相手が心地よい距離感の取り方

people waking between brown wooden stands during daytime
COTA
質問者さん
質問者さん

いつかは伝わると信じて何度も頑張っていますが対話をしてくれない

音声版・ポッドキャスト

やまない雨に種をまこう

このページの記録は音声でもお話ししています。音声を聞く場合はお使いの音楽アプリをお選びください

Apple PodcastsSpotifyGoogle PodcastsAmazon MusicDeezerPodchaser

ストーカーになる傾向が強い人ほど、他人事であり自分には関係ないと排除する傾向が強くあります。自分に言い訳をせず向き合えるように願っています

他人との心地よい距離感について考えてみましょう。自分がいいと思った相手との距離感を適切に保つことは、良好な人間関係を築くために欠かせません。

心地よい距離感を保つ方法や理想のパーソナルスペースについて知ることで、より円滑なコミュニケーションが可能となります。では、どのような心地よい方法があるのでしょうか?他人との距離感を探求することで、自己理解や人間関係の向上につながるかもしれません。ストーカーの本来の定義とは異なりますが、ここでは一般的なわかりやすさから同性・異性を問わずに特定の人に固執することを表しています。他人との距離感の重要性や心地よい方法について解説します

質問者さん
質問者さん

特定の人から目が離せなくなりその人ばかりになります。自分はできることを全力でできるし、相手のことを思ってるので迷惑ではありません。

いつか相手に伝わると思うのですがなかなか対話をしてくれません。

こた - COTA
こた - COTA

相手が心を開きたくなる心地よい距離感を保つためには、あなたが自分以上に相手の気持ちを尊重し、コミュニケーションを大切にすることが大切です。

コミュニケーションというのは常に言葉を発することが全てではなく、むしろ黙っていること、視線を送らずに祈ることができることこそ相手にとって居心地の良い大切なコミュニケーションであり愛情です

心地よい距離感を保つために必要な考え方

距離感を適度に保つためには、相手のペースや意見に耳を傾けることで、お互いの信頼関係を築くことができます。自分が主体となるのではなく、相手への理解と共感していることを示すことが心地よい距離感を築く秘訣です。

相手が興味のないところから始めても無理な話。よく手紙でも会話でも「天気の話」から始めることが多い。それはまずは相手にも興味が持てる段階から会話を始めることで、徐々に相手が自分に興味を持てるようになるものです

距離感を上手に調整する秘訣とは?

自分の決まりを押し付けない

距離感を上手に調整するためには、自分のルールを相手に押し付けることは絶対に避けたいことです。まず相手が自分に興味があるという思い込みを捨ててください。優しい相手ほど本音が言えないこともあります。勝手な思い込みは相手を苦しめます

そもそもあなたに興味がないということを前提にしていけば、何かを示すときも優しいところから歩み寄ることがしやすくなります。

他人を変えようとせずに自分から変わることは全ての前提です。他人を変えようとする時点で相手を尊重できていません。

相手からすれば興味を持っていない人からの押し付けは訳がわからず恐怖と嫌悪感しかありません。あなたの考え方は自由ですが、相手の考え方に自由を与えず歩み寄ろうとしないのに関心を示していくのはそもそも言動が一致していないので恐怖です。身勝手にも程があります

相手にとっては特別じゃない

ネット上の関係でよく見かけるのは、一方的に好意を持っている相手の一言一言が自分のことであると勘違いすることです。

あなたは大多数の一人でしかない。その人はあなたにとっての特別な存在でも相手にとっては特別ではありません

「思い込み」は相手側の人間関係までを破壊させる

これにはもう一点、相手の周囲の人間関係を破壊させる威力があります。公開で反応すると、相手の周囲がその反応を見ているわけです。他人と異なる熱量で反応する様子は、多くの人にとっては驚かれるものになります。

自分にとっては十分に相手を考えられている、自分は優しいと思ってる人ほど、途中で思考を停止させていて相手の気持ちの想像が足りていません。

自分本位にならずにあえて心を離れて他のことを吸収することで固執から離れ、適切な距離を保つことが重要です。客観的な、いろんな角度から見れるようになったとき、相手はあなたを大切にしやすいでしょうし、関係も強まるものです。

過度な侵入や過剰な距離を取らないことで、お互いにストレスをかけることなくコミュニケーションを円滑に進めることができます。また、相手との共通の話題や興味を見つけることで、心地よい距離感を維持することができます。適切な距離感を持つことで、より良い人間関係を築くことが可能です

理想のパーソナルスペースを保つための心地よい方法とは?

パーソナルスペースの広さと人間関係

パーソナルスペースは、個人が他者との間に保ちたい一定の距離や心の余裕のことを指します。このスペースが広ければ広いほど、リラックスした状態を保ちやすく、良好な人間関係を築くことができるでしょう

人との距離感が近すぎる障害

人との距離感が近すぎる場合、ストレスや疲労が溜まりやすくなるリスクがあります。適度な距離を保つことで、自己愛や自己肯定感を高め、心の安定を保つことができます。相手のためだけではなく、自分にとっても適切な距離は愛情となります

パーソナルスペースを保つためのストレス解消法

パーソナルスペースを保つためには、日常的なストレスを解消する方法が重要です。例えば、適度な運動や趣味を楽しむことで、心身ともにリフレッシュすることができます

人との距離感を保つための心地よい方法とは?

相手が心地よい距離感を保つために必要な考え方

心地よい距離感を保つためには、他者へのリスペクトや自己主張のバランスが重要です。基本的に伝えることは最小限として、相手が必要そうな時に伝え、伝えるときも自分ではなく相手が理解しやすい形で自分の気持ちを適切に伝えることがポイントです

距離感が近い人とのコミュニケーション術

距離感が近い人は相手の気持ちや状況を尊重することが大切です。適切な距離を保ちつつ、共感や思いやりを持って接することが必要です

距離感が近い人の特徴とは?

距離感が近い人は、相手のことよりも「自分が人と繋がっていること」を重視し、情緒的な交流を大切にする傾向があります。お互いの意思疎通はできているのかを改めて振り返りましょう。その関係、本当に相手は求めていますか?

あらためて理想の距離感を考える

パーソナルスペースとは、他者との関わり方やコミュニケーションにおける個人の心の安全地帯です。相手が考える理想の距離感を考えることで、自己表現や人間関係の構築に役立ちます。

「理想の距離」というのは相手が必要な時に必要なものを与えられること。全てとは言えませんが多くの人は与えられることを繰り返されると、お返しをしたくなるものです。一歩引いて「接触しないという時間」も含めて、相手が必要なものを与えることを続ける。それに対して相手が反応を起こせば理想的な距離が生まれる可能性があります

それも難しい・それでも厳しい場合はあなたに成長が必要です。手を引いてあげてください。その経験を失敗と認め、気持ちを他に向けることで新たな価値観を仕入れていくことができます。

その新たな価値観を再びその相手に無理やり当てはめても、相手を苦しめる。あなたにとって忘れるくらいの時間が必要です。もしどこかで巡り会えた時、今度は直接声をかけるのではなくて相手から声をかけられた時。自分を語るのではなく相手に与えるだけ与えましょう。成長した自分を生かして素晴らしい点をとにかく見つけていく。そうすれば相手も嬉しい気持ちになるはずです。

それでも先の復縁は期待しないでください。相手を再び苦しめないために。期待であなたを苦しめないように、私からの文章はここまでとさせていただけたら幸いです

生き方の個別指導

送っていただいた内容はすべて目を通していますが、お時間をいただく場合があります。掲載の時は相談いただいた内容は個人の特定が難しい状態にしますが、詳しいご希望があれば書いておいてください。

    1

    お返事

    2

    悩みの種類

    3

    ご相談

    4

    返事の方法

    5

    最後に、

    MastodonなどFediverseに対応している場合、このフォームをこれ以上使わずに @onwer@cota.jp 宛に直接DMを送っていただいても大丈夫ですが、その時は相談内容を忘れずに書いてください。下のご自分のアカウント名の欄には@の後にドメインのある ユーザー名@cota.jp などをご入力ください。 @cota などユーザー名のみではサービスが分からないためお返事ができなくなります

    これ以上フォームを使わずにX @co_ta 宛に直接DMを送っていただいても大丈夫ですが、その時は相談内容を忘れずに書いてください。

    これ以上フォームを使わずにInstagram @cota 宛に直接DMを送っていただいても大丈夫ですが、その時は相談内容を忘れずに書いてください。

    アンケートのため掲載はしません。情報はCOTAが相談内容を考えるとき、背景を想像しやすくするために使います

    記事URLをコピーしました